眠れない、寝ようとすると余計に寝られない…という経験はありませんか?睡眠は人間にとって最も重要で、それを蔑ろにすると体に様々な悪影響が出ます。こちらでは不眠症の方へのアドバイスや、不眠にならないようにするための方法を紹介します。

2016年11月の記事一覧

不眠にイヤホンで音楽を聴くのと他の方法を比較しよう

現代人にとって不眠は比較的起こりやすい体のトラブルです。不眠を招く原因はいろいろありますが、慢性的なストレスや日頃の生活習慣が引き起こしているケースが多いでしょう。
夜ベッドに入ってもなかなか寝付けないと、イヤホンで音楽を聴くという方が少なくありません。自分の好きな音楽を聴く方が多いですが、リラックス効果のあるBGMを選ぶこともあるでしょう。この方法で眠れるようになれば問題はありませんが、イヤホンが気になって余計に眠れなくなる方がいることも事実です。特に不眠に悩んでいるときは色々なことに神経質になってしまうので、ベッドに入るときは眠りやすい環境を作ることが大切です。
イヤホンで音楽を聴く方法では効果が実感できないと思ったら、別の方法も試してみることをおすすめします。今すぐにでも始められる方法としては、適度な運動を取り入れてみるといいでしょう。運動によって体を疲れさせれば自然と眠くなりますから、汗を流した後にシャワーを浴びればスムーズに眠りに就けるでしょう。
悩みごとがあったり仕事のストレスやプレッシャーを抱えていると、眠ろうとしても余計なことを考えてしまい目が覚めてしまいます。気持ちをリラックスさせるためにはベッドに入ってから読書をするという方法もあります。本を読み始めてすぐには眠くならなくても、ある程度時間が経てば体と脳がリラックスしてくるはずです。睡眠導入剤などを服用するよりも自分の力でスムーズに眠りに就く習慣をつければ自信にもなるでしょう。
夜間にインターネットを見始めると、休もうとしていた脳が活性化して目が覚めてしまうこともあるので注意が必要です。インターネットに限らずテレビやゲームなどの電子機器も時間を制限することをおすすめします。

続きを読む